メキシコ

メキシコ旅行!オススメの観光地と見どころ

メキシコ旅行と一言で言っても、メキシコには色々な魅力があります。

その魅力にハマってしまう人も多く、リピーターが多い国の一つでもあります。

日本の5倍の国土を持つメキシコ、それぞれの地域によって、気候や街並み、景色、民族、歴史も全然違ってきます。

常夏の楽園で美しい海のそばでリゾートを楽しみたい!歴史を感じるコロニアルな街並みが見たい!ラテンアメリカ最大の都市でのアートを楽しみたい!など、楽しみ方は人それぞれです。

この記事では、そんなメキシコの見どころや外して欲しくない体験、メキシコの有名な観光都市についてご紹介してきます。あなたがメキシコでしたいこと、見たい場所が必ず見つかるはずです。

あなたのメキシコ旅行のプランニングに役立てばと思います。

 

オススメの観光エリア

メキシコでは観光地は大きく分けて4つのエリアに分類されます。

メキシコシティ周辺エリア

まずは、何と言ってもメキシコの玄関口である、首都メキシコシティ。

現在はメキシコの首都ですが、14世紀にはアステカ帝国の首都でもあった場所です。スペイン植民地時代に、アステカ帝国の中心地にあった神殿や宮殿を壊し、その石材でスペイン風の建物を作り完成しました。

都会の中に歴史を感じさせる建物やアートに溢れた街を楽しみたい人にぴったりの場所です。

 

カリブ海沿岸・ユカタン半島エリア

このエリアでの一番人気はやはりカンクンでしょう。

ハネムーナーにとても人気のエリアです。カンクンは、カリブ海沿岸に位置しとても綺麗なカリビアンブルーの海と真っ白な砂浜が印象的なところです。

約50年ほど前にアメリカ人向けのリゾート地として開発された街なので、歴史的な建物はあまりありませんが、1日ツアーで世界遺産チチェンイッツァなどのマヤの遺跡を見に行くこともできます。

アクティブだけどのんびりのリゾートステイを満喫したい人にはぴったりです。

[btn class=”rich_pink”]カンクン情報はこちら[/btn]

 

中央高原コロニアルエリア

カラフルな街並みがとてもかわいいこのエリア。メキシコ中央エリアからアメリカ国境付近までのことを指します。

古くから数多くの民族が存在し、それぞれの文化を築いてきました。

スペインからの侵略を受けて街並みは洋風に変えられてしまい、今では先住民族文化とコロニアル文化が入り混じった街となっています。

メキシコシティも中央高原エリアに入りますが、メキシコシティ以外で主な観光地は、メキシコシティを挟んで北側のグアナファト、サンミゲル・デ・アジェンデ、南側はオアハカ、チアパスがあります。

 

バハ・カリフォルニアエリア

カリブ海とは反対の太平洋側に面する、ロスカボスやラパスなどのリゾートエリアも忘れてはいけません。

同じリゾートエリアですが、カリブ海側と違って乾燥した爽やかな風が吹き、心地の良いリゾートとして有名です。

大人向けのリゾートが多く、落ち着いた贅沢な滞在ができる場所となっています。

マリンアクティビティも人気で、季節によって見られる生き物が変わります。

 

メキシコの楽しみ方・見どころ

メキシコは観光資源が豊富な国です。メキシコに来たからには外せない体験や見て欲しい場所についてまとめます。

遺跡

メキシコと言ったらマヤ文明やアステカ文明を思いつく人も多いのではないでしょうか。遺跡観光はメキシコ旅行の目玉の一つにもなっています。また、世界遺産に登録されている遺跡も多く、見応えがあるものばかりです。

世界遺産である、チチェンイッツァ遺跡やティオティワカン遺跡が有名です。その他にもウシュマル遺跡、トゥルム遺跡、コバ遺跡、エクバラム遺跡、パレンケ遺跡など多くの遺跡が存在しています。

世界遺産チチェンイッツァ

 

ダイビング・マリンアクティビティ

メキシコは海もとても綺麗です。東のカリブ海、西の太平洋に囲まれており、温暖な気候ということもあって多くのダイビングスポットがあり、世界中のダイバーが集まる国でもあります。

また、南東部のユカタン半島にはセノーテと呼ばれる、地底の泉が無数に存在し、セノーテダイビング(淡水の洞窟ダイビング)ができることで有名です。セノーテはユカタン半島にしかないので、ダイバー憧れの地となっています。

セノーテダイビング

買い物

メキシコでの買い物と言ったらメルカド(市場)での買い物が楽しいです。

数多くの民族がいるメキシコでは、それぞれの民族を代表する民芸品があります。また焼き物も有名なのでお土産探しにメルカドをぶらぶらしてみたり、スーパーマーケットでメキシコ人の食卓を覗いてみたりする楽しみもあります。

 

メキシコ料理

メキシコ料理は昔からの先住民族の伝統料理にスペイン料理の影響を受けてできたもので、世界無形文化遺産にも認定されています。

タコスのイメージが強いですが、タコスと言ってもお肉やシーフード、野菜、卵など具材の種類はおどろくほどたくさんあります。

豊富に取れるライムやシラントロ(パクチー)などを使った料理がたくさんあります。

基本的に辛さは自分で調節するので、辛いものが苦手な人でも楽しめる、それがメキシコ料理です。

 

まとめ

メキシコのオススメ観光地と見どころをまとめてみました。

これでもまだ一部ですが、メキシコって歴史・自然・文化、とても興味深いものがあるんです。

日程が許すのであれば、国内2都市またはそれ以上組み合わせての旅行もオススメです。

 

ABOUT ME
タビメヒコ
海外旅行が好きな人、特にメキシコ旅行に行きたい人、興味がある人、楽しみたい人に向けてメキシコの旅行情報を発信しています。 あなたの旅行の思い出作りのお手伝いができればと思います。