メキシコ

メキシコの電圧やプラグ、コンセントについて

海外旅行の前に、渡航先の電圧とプラグの形状は気になりますよね。

日本から持っていく予定の電化製品がメキシコに到着してから使えない・・・・なんてことがないように、事前に知っておくことは旅行での無駄な労力や出費を防ぎます。

この記事では、メキシコの電圧とプラグの形についてご紹介します。

こんな疑問に答えます
  • メキシコ旅行のに変圧器は必要?
  • 変換プラグはいるの?
  • いるならどのタイプ?

 

メキシコの電圧は?

日本の電圧は100V(ボルト)ですが、メキシコの場合は110V(ボルト)です。

製品のラベルに100-240Vの記載があれば、メキシコでも使用できます

通常スマートフォンやデジタルカメラは世界基準で作られているので、100-240Vと記載されていることが多いのでそのまま使用することができます。

ドライヤーやコテ・ヘアアイロンなどは対応していない機種もあるので、必ずチェックしてください。

100Vしか対応しないものだったら、メキシコの電圧に対応するように電圧を変える必要があるので、変圧器が必要となります。

変圧器を使用せずにそのまま使った場合、コンセントから煙が出てくることもあるので十分に気をつけてください。

日本とメキシコだったら10Vしか変わらないじゃんと思うかもしれませんが、壊れる可能性はありますので壊したくなかったら使わない方がベターです。

 

メキシコのコンセント・プラグの形状は?

日本のコンセントは、縦型の穴が2つの通称Aというタイプです。

実はメキシコでは、日本と同じAタイプとAタイプの下に穴があいたBタイプが使われています。

コンセント差込口

日本のコンセントプラグはメキシコではそのまま使用することができます。

穴が3つあったとしても、上の2つに差せば通常通り使えますのでご安心ください。

あまりないと思いますが、メキシコで電化製品を買う場合メキシコで買った電化製品は日本では使えないこともあるので注意です。

同じAタイプで電圧もクリアしているなら大丈夫じゃないの?と思うかもしれませんが、

世界基準で作られているものは、プラグの2つの大きさが微妙に違うこともあります。

プラグの大きさが違うタイプは日本のコンセントには入らないので注意してください。

 

外出先で電化製品を使う際の注意点

  • 外出先では電化製品から目を話さない
  • ホテル内でも外出時は電化製品を出しっぱなしにしない

空港やカフェなどで電源を使ってスマートフォンやカメラを充電をする際、目を離したすきに簡単に持って行かれることがあります。

充電中は電化製品のすぐそばにいて、絶対に目を離さないようにしてください。

また、ホテルの部屋内で充電する分にはまったく問題ありませんが、部屋を出るときはそのままにしておくことは避けましょう。

 

まとめ

メキシコ旅行で気になるメキシコの電圧、コンセント・プラグ事情についてまとめました。

メキシコでは、100-240Vと記載されている電化製品は、変圧器・変換プラグなしでそのまま使用することができます。

旅行で持っていく電化製品と言ったら、スマートフォン、カメラ類だと思うので、それなら何も用意する必要はありません。

一応、念のために取扱説明書を確認しておくことをオススメします。

 

 

ABOUT ME
タビメヒコ
海外旅行が好きな人、特にメキシコ旅行に行きたい人、興味がある人、楽しみたい人に向けてメキシコの旅行情報を発信しています。 あなたの旅行の思い出作りのお手伝いができればと思います。