カンクン

【カンクン】メルカド28でのショッピングはこんな人にオススメ!【お土産】

カンクンでお土産を探す際、ガイドブックでも紹介されているメルカド28がオススメです。

この記事では、メルカド28がどんなところか、メルカド28のアクセス方法について紹介します。

民芸品のオススメは>>絶対に喜ばれるオススメの民芸品5選をご覧ください。

【カンクン】絶対に喜ばれるオススメの民芸品5選【お土産】海外旅行での楽しみの一つとして、ショッピングがあります。旅の思い出になるような物を買ったり、日本ではなかなか手に入らない物を買ったり、ま...

メルカド28(Mercado28)とは

メルカド=市場ということで、数多くの民芸品をはじめとするお土産があります。

民芸品市場になっているので、野菜や果物などが売っている市場とは違います。

場所はセントロ(ダウンタウン)にあります。

民芸品だけではなくて、テキーラ屋さんや、銀製品、革製品、Tシャツ、ルチャリブレ(プロレス)のマスクなども置いてあり、お土産を買うには最適の場所です。

ルチャリブレのマスクはグレードが3つあって、実際にプロの方が使っている生地のものもありました。安いもので140ペソ(840円)。高い物は1000ペソ(6000円)超えでした。

カンクンの文字のモニュメントもありますので、写真もぜひ!

民芸品を買う際は、メルカド28とプラザボニータの境目あたりにある、このエリアがオススメです。チアパス州のツォツィル族の方たちが販売しています。種類がとても豊富です!

メルカド28はこんな人にオススメ!!

1.値段の交渉をしながら買い物をしてみたい

ほとんどの商品に値札がついていません。

基本言い値になるので、買う数によっては値切り交渉が可能です。観光客ということで足元をみられがちですが、頑張って交渉してみましょう!相場は最初の値段の20%~30%オフくらいです。あまりにも値切り過ぎると、もう売らない!!と言われることもありますので要注意!笑。現地人との掛け合いも楽しんでみてください。

ホテルゾーンにあるお土産屋さんは値切り交渉ができないので、これが一番オススメする理由です。

[aside]補足
お支払いは基本的にペソですが、USドルでも払えるお店はあります。レートが悪い場合もあるのでその時は両替した方がいいです。メルカド内とその周りに両替所がありますので、必要な分だけUSドルからペソへ両替もできます。 [/aside]

2.たくさんの種類のお土産をみたい!

市場というだけあって、お店がたくさんありますので、その分選択肢が増え、より良いものを探すことができます。スーパーとメルカド28でお土産はだいたい揃うと思います。民芸品取り扱いナンバー1です。掘り出し物を探したい!!という方には向いてます。何回も行っている私でさえ、毎回迷います。それくらい似通ったお店が多いということですが・・笑。

ただし、買う際には破損やほつれ、汚れなどのチェックはしっかりしてください。民芸品は手作りの物が多いため、たまにチャックが開かないとか破れているということもあるので要注意です!

3.地元感を味わいたい!

メルカド28はセントロ(ダウンタウン)にあるので、ホテルゾーンとはまた違った雰囲気が味わえます。セントロに行ってみたいと思う人は絶対に訪れるべきです。

4.フォトジェニックな場所に行きたい!

これは別記事でも買いてますが、インスタ映えすると噂のプラザボニータも同じ敷地内にあるので、写真目的で行く人も多いです。もちろん市場の真ん中で民芸品とともに撮影するのもいいですね!

[kanren postid=”693″]

場所

メルカド28はセントロ(ダウンタウン)にあります。

 

行き方

ホテルゾーンから

ホテルゾーンからの場合は、ローカルバスのR-2に乗ります。12ペソ(72円)

R-1はセントロから違う方向に行くので注意してください。乗るときに運転手さんに『メルカド28』と伝えておけば大丈夫ですが、バスの種類、運転手の気分によって、手前で降ろされることもしばしば。。。

最近は、偽物(と言ったら悪い表現になりますが・・・)の『Plaza 28』(プラサ28)というのができてからというもの、そこでしか降りれないこともあるようです。『Plaza28』で降りたとしても5~10分ほどでつくので、安心してください。ただ、名前が似ているので間違えないようにしてください!

セントロから

セントロからの場合は、場所によりますが、ローカルバスR-6が通っているエリアだと、R-6はメルカド28の周りを通りますのでR-6に乗るといいです。9.5ペソ(約60円)。わからない場合は、タクシーが確実だと思います。35ペソ〜50ペソ(210円〜300円)

 

まとめ

メルカド28の情報とオススメの理由などをまとめてみました。

ホテルゾーンに滞在していて、セントロまで行くのがちょっと遠いなという人は、ホテルゾーン、ココボンゴの道向かいに『コーラルネグロ』という、小規模のメルカドがあるのでそこでもいいかもしれません。ただ、私の印象では売り子さんがしつこかったのと、メルカド28に比べて値段設定が多少高かったです。

   
ABOUT ME
タビメヒコ
海外旅行が好きな人、特にメキシコ旅行に行きたい人、興味がある人、楽しみたい人に向けてメキシコの旅行情報を発信しています。 あなたの旅行の思い出作りのお手伝いができればと思います。