カンクン

カンクンドルフィンビーチへの行き方。モニュメントで写真を撮ろう!

カンクンには、一般の人が入れるパブリックビーチが数カ所あります。

その中でも一番広くて綺麗なのがドルフィンビーチ!

カラフルな”CANCUN”の文字のモニュメントもあり、滞在中一度は訪れたい写真スポットとしても人気のビーチです。

ドルフィンビーチはカンクンのホテルゾーンの南側にあり、公共バスで簡単に行ける場所です。

この記事では、カンクンのドルフィンビーチへの行き方をお伝えします。

ぜひ、写真を撮りに行ってみてください。

カンクンドルフィンビーチの場所

ドルフィンビーチ看板

カンクンのドルフィンビーチはホテルゾーンの南に位置しています。

スペイン語では、プラヤ・デルフィネス(Playa Delfines)という表記がされており、プラヤ=ビーチ、デルフィネス=イルカという意味があります。

ホテルゾーンに滞在する場合は、空港からホテルへ向かう際必ず通るので横目でチェックできます。

カンクンのモニュメントが目印のビーチなのですぐにわかります!

カンクンドルフィンビーチへの行き方

カンクンのドルフィンビーチへの行き方はとても簡単です。

ホテルゾーンを走っている公共バスのR-1、R-2どちらでも行くことができます。料金は12ペソもしくは1USドル(約72円)です。

どのバスでも問題ないですが、乗る方向だけ間違えないようにしてください。ホテルゾーンの南側へは、海を左に見ながら進みます。

ドルフィンビーチへ近づく頃にはバスの車内はがらんとしてきます。先日も私だけになってしまいましたが、運転手さんが「ドルフィンビーチに行くんだろ?」と話しかけてきてくれました。

運転手さんに「ドルフィンビーチ」とアピールしておけばきちんと停まってくれるので安心ですよ。

カンクンホテルゾーンのバスの乗り方は、カンクンでのバスの乗り方はこれで完璧!を参考にしてください。

カンクンドルフィンビーチ利用の注意点

ドルフィンビーチ眺め

ドルフィンビーチは、パブリックビーチなのでビーチに置いてあるパラパ(ヤシ葺きの屋根)を自由に使うことができます。

ドルフィンビーチシャワー

トイレはチップ制となっており、入口の人に5ペソ(約30円)ほど渡せば利用できます。シャワーは無料で使えます。

ロッカーはないので、泳ぐ場合は荷物に注意しておきましょう。

ドルフィンビーチの施設詳細

  • トイレ有り:有料(チップ制で5ペソ(約30円)ほど)
  • シャワー有り:無料
  • ロッカー無し
  • 飲食販売有り(売店はないが、気まぐれにジュースやカットフルーツを売りに来ることも)

ビーチには、写真のようなライフセーバーの待機場所もあります。しかし、とても広いビーチなので泳ぐ際は自分自身気をつけて泳いでください。

カンクンドルフィンビーチ時間帯でどう変わる?

ドルフィンビーチ朝日

カンクンドルフィンビーチの”CANCUN”モニュメントで写真を撮る場合、時間帯によって太陽の位置や海の色の見え方が変わってきます。

一番人気があっておすすめなのは、やはり午後12:00~14:00頃です。

朝、昼、夕方それぞれを比較してみましたので下の写真をご覧ください。

【日の出〜8時頃】

カンクンモニュメント朝日2

太陽が海側から昇るのでカンクンの文字は逆光になります。カンクンの文字のところに人がたってもシルエットのようになります。(写真は7時半頃撮影)

朝日が綺麗な日は、朝日をバックに幻想的な写真も撮れます。全く並ばずに撮れるのでこだわりの一枚が撮れるかも?

カンクンモニュメント朝日

【9時〜10時頃】

カンクンモニュメント朝

9時頃には海の色も少しずつ明るくなってきます。文字の色もはっきりとしてくるので写真でも綺麗に写ります。

9時〜10時頃だと人はそこまで多くなく、並んだとしても5分くらいで順番がくる程度です。

【12時〜14時頃】

カンクンモニュメント

写真を撮るには一番最適な時間で、海の色もモニュメントの色も綺麗に写ります。

ただし、人気なため時には30分ほど並ぶこともあります。並んでる間は日陰などないので暑さ対策は忘れないようにしてくださいね。

カンクンモニュメント列2

【夕日が沈む頃】

カンクンモニュメント夕方

海と反対側に日が沈むのでモニュメントが夕日に照らされます。被写体の顔は夕日に照らされてはっきり写りますが、撮影者の影も写ってしまいます。

 

ドルフィンビーチにあるカンクンのモニュメントで写真を撮る際は、12時ー14時の間がおすすめです。

その他の時間帯でも味のある写真は撮れますので、個人的には空いている朝の時間帯に朝日をバックに撮るのもおすすめです。

その他カンクンモニュメントがあるビーチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Karla Pradoさん(@karlaprado.wep)がシェアした投稿


最近では、カンクンのモニュメントは増え続けており、ホテルのビーチにも小さめのモニュメントを置いてあるところもあります。

ドルフィンビーチのようなパブリックビーチでカンクンのモニュメントがあるビーチはランゴスタビーチ(プラヤランゴスタ)です。

ドルフィンビーチのように高台から望むビーチではないので、カンクンの文字の後ろに海があまり写り込みません。

しかし、ドルフィンビーチのように並ぶことも少ないので文字だけでも撮りたいという場合はおすすめです。

 

カンクンのドルフィンビーチへのアクセスは簡単!

カンクンのモニュメントで有名はドルフィンビーチへの行き方についてご説明しました。

ホテルゾーンは道が一本しかないのでとても簡単に行けます。綺麗な海をカラフルな文字を撮るためには、一番おすすめの12時ー14時に行ってみてください。

絶対に並びますので、暑さや日焼け対策をして行ってくださいね。

ABOUT ME
タビメヒコ
海外旅行が好きな人、特にメキシコ旅行に行きたい人、興味がある人、楽しみたい人に向けてメキシコの旅行情報を発信しています。 あなたの旅行の思い出作りのお手伝いができればと思います。