メキシコ

メキシコの通貨・両替【旅行前には知っておきたいお金のあれこれ】

海外旅行に行く際、避けては通れないお金問題。

現地通貨についてや、両替の仕方、コツについて事前に知っておくと旅行中もスムーズにいくかと思います。

この記事では、メキシコの通貨や、両替、メキシコのでお金の使い方について説明していきます。

 

メキシコの通貨

メキシコでは、通常メキシコペソ(MXN 表記は$)を使用します。

メキシコペソ 1USD=17.90MXN (2019.4.20)

紙幣は、1000ペソ、500ペソ、200ペソ、100ペソ、50ペソ、20ペソ

硬貨は10ペソ、5ペソ、2ペソ、1ペソ、50センターボ(1/2ペソ)、20センターボ、10センターボがあります。

日本と違って、コンビニや小さいお店・露店などでお釣りがないことはよくあります。

買った商品に対して大きすぎる額から支払うと、”お釣りがない(No tengo cambio:ノーテンゴカンビオ)”という風に言われて、買うことができなくなりますので注意してください。

スーパーマーケットやショッピングモールの中のお店などでは、500ペソまでなら受け取ってもらえますので、大きいお札を細かくしたい時などは、スーパーやモールのお店ですることをオススメします。

*スーパーやモールのお店では、単純に細かくする両替は行っていません。

 

両替はどこでした方がいい?

メキシコペソへの両替は、メキシコについてからアメリカドル⇨メキシコペソへすることをオススメします。

 

日本でも日本円からメキシコペソへ両替することはできますが、レートがあまりよくないです。

成田空港内のレートだと、10000円=約1300ペソ、10000円=86 USドルとなります。

メキシコの両替所だと、86USドル=1660ペソなので、100ドルあたり約300ペソ(約2000円)の差が生じます。

日本から現金で持ってくる分は、アメリカドルへの両替をしてくればOKということです。

空港送迎を頼んでいなくて、バスや電車に乗るためにペソが必要な場合は、空港の両替所で到着後すぐに両替できますので安心してください。

また、カンクンやロスカボスなどのビーチリゾートだと、アメリカドルでの支払いもできますので、ペソは必要な時に少しずつ両替することもできます。

民芸品市場やタクシーはアメリカドルだとレートを悪く言われることもあるので、ペソも多少持ち歩いておくことをオススメします。

また、ペソに両替しすぎて余ってしまっても、日本での買取は半額以下の価値になってしまうので気をつけて下さい。

なので、基本アメリカドルを持って来て、必要な分だけ現地の両替所で両替することをオススメします。

両替所によっては、身分証明書の提示を求められることもあるので、パスポートも携帯しておきましょう。

 

クレジットカードは使える?

メキシコでもクレジットカードは使えます。

ただし、アメリカンエクスプレスや JCBは使えないこともありますので、VISAかMASTERが便利です。

お店によりますが、支払いの額が少なすぎたときや、カードの機械のネットワークエラーで使用できない時もあります(ネットワークエラーは本当によくあります。)

また、クレジットカードで支払う時に身分証明書の提示を求められる時もあるので、念のためにもっておいてください。

クレジットカード使用後は、日本に帰って請求書と利用控えの金額があっていることを確認してください。まれに、スキミングなどの被害も聞きますので、しっかりチェックして、万が一身に覚えのないショッピング履歴があったら、カード会社にすぐに連絡を入れるようにしてください。

 

トラベラーズチェックは?

メキシコでは、2011年以降トラベラーズチェックは一切換金できなくなったので、注意しておいてください。

 

メキシコの税金

メキシコの税金(IVA)は付加価値税といって、分かりやすく言うと消費税の扱いです。メキシコでは16%取られます。お店によって、税込みか税抜きか表示がありますので、レジに行って金額が違う!!と揉めないでいいように確認しておいてください。

タックスバック(タックスリターン)

観光でメキシコに来ている人は、タックスバックの対象ショップ1店舗あたりで1200ペソ以上のお買い物をすると、免税書類を発行してもうことができ、税額から手数料を引いた額(約9%)の払い戻しがあります。

タックスバック加盟店

タックスバックの流れ

  1. タックスバック加盟店で1200 ペソ以上の買い物をする
  2. 購入したお店でタックスバック用の公式領収書を発行してもらう
  3. 国際空港の中のタックスバックデスクで手続きをする(カンクンでは、ショッピングモールのラ・イスラ内でも手続きできます。早朝のフライトの場合はこちらで手続きをしないと空港デスクは開いていません。)
  4. 約9%の払い戻し

手続きに必要なものは

  • パスポート
  • 入国カード(メキシコ入国審査の際にスタンプを押してもらう滞在可能日数がかかれた半券)が必要となります。
  • 購入店で発行してもらった公式領収書
  • 払い戻し用クレジットカード

 

まとめ

メキシコ旅行の際には絶対に知っておいた方がいい通貨や両替のことをまとめました。

この記事を参考に、ちょっとお得にメキシコ旅行を楽しんでくださいね。

また、最新情報があれば更新していきます。

 

 

ABOUT ME
タビメヒコ
海外旅行が好きな人、特にメキシコ旅行に行きたい人、興味がある人、楽しみたい人に向けてメキシコの旅行情報を発信しています。 あなたの旅行の思い出作りのお手伝いができればと思います。